上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Buff・Debuff等の効果を視覚的にわかりやすく表示するためのToolです。ダウンロードはこちら

なかなか面白いAddOnなんですが、設定方法が最初よくわかりませんでしたので、メモついでにご紹介。

まずコマンド。

/powa

すると設定画面が開きます。

WoWScrnShot_011407_220831.gif


左上、「Character Effects」欄のPage 1?5(表示名は下のRenameボタンで変更可能)のいずれかを選択します。
次いで、画面中央下の「New」ボタンを押すと、右側の窓にアイコンが「?」で登録されますので、そのアイコンを選択状態にして、右下の「Edit」ボタンを押します。

WoWScrnShot_042706_001425.gif


するとこの画面が開きます。

Texture: 視覚エフェクトのパターンを選択、全50種類ですが自前のも指定可能
Opacity: 視覚エフェクトの透明度
Simmery: 視覚エフェクトの反転指定
Deformation: 視覚エフェクトを縦or横に拡大・縮小
Size: 視覚エフェクトの表示サイズ
Position X, Y: 視覚エフェクトの表示場所

画面下部はタブ切り替えになっています。
最初に開いたときは「Activation」が前面に出ていると思います。
Activationでは、視覚エフェクトを表示させる対象のSpell, Skillを設定します。
画面の例ではArcane Powerを指定していますが、複数を「/」で区切って並べることも可能です。

続いて「Animation」タブ↓

WoWScrnShot_042706_001436.gif


ここでは視覚エフェクトのアニメーション効果を設定します。
実際にどう見えるかは、最初の設定画面上の「Test」ボタンを押すことで随時確認できます。

最後に「Timer」タブ↓

WoWScrnShot_042706_001441.gif


「Show」にチェックを入れると、Buff/Debuff等の残り時間を表示できます。
Timerには5種類ありますが、同じ番号を指定した場合は、残り時間が短い方のTimerを優先して表示します。試してないですが「Show 2 timers」を指定すると2つまでは別個表示してくれるのかな?

で、私が設定した例です。

WoWScrnShot_011407_183958.gif


一番外側の白い線は、Mana Shieldです。
次の赤いのは、Fire Ward。Mana Shieldとは別タイマーにしています。
次の緑のは、Clear casting効果。Mana Shieldと同タイマーです。
最後、一番内側の青いのはArcane Power。これもMana Shieldと同じタイマーです。
つまりこの状態だと、

・Fire Ward, Mana Shield, Clear casting, Arcane Powerが発動している
・Fire Wardの残り効果時間が1秒、Arcane Powerが残り5秒

ということがわかるわけです。

ちなみにDebuffはこんな感じに。

WoWScrnShot_011407_1839582.png


で、実際の画面ではこう見えています。

WoWScrnShot_011407_215235.gif


中央にでっかく出ている、Jim's Cooldown Pulseの表示に邪魔されていますが、Frost Ward(外の青枠)とClear casting(中の緑三角)が発動中の状態です。
左上のChronometerの表示と併用していますが、特に戦闘中はPower Aurasの方がわかりやすいです。

ということで、何の気なしに入れてみたAddOnですが、表示がわかりやすいし、ギミック的にも面白くてオススメです。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。