上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中音域の音がどうにもうまく出せずに長いこと悩んできましたが、
本日のレッスンで先生に丁寧に見て頂いたところ

吹き方が根本的に間違っている

ことが発覚 (^-^;
出ないわけだわ。。
前の先生に言われていた「息を上に!」の解釈を誤っていたのが原因でした。
唇を上に突き出すようにして吹いていたところ、「息は下です」と。
え、あれ?

要するに唇の先ではなくて、唇の中というか、手前で息の向きを変える。
息の向く先は斜め前下加減で。

加えて、歌口の唇への当て方が弱いとのことで、もっとグッと引きつけるように心がける。

すると、なんということでしょう。
あんなに苦労していた中音域がスルスル出せるではありませんか。
感激しました T-T
やっぱり最初から個人レッスン受けるんだった。。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。