上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生に確認したら、案の定 /(^O^)\ナンテコッタ

以下、勘違いの数々
■勘違いその1:中音域の音はアパチュアを絞る必要なし

先生曰く、私のはアパチュアを絞りすぎ。
絞りすぎると音にもノイズが混ざるし、響きも細くなるとのことで、確かにその通り。
正しくはアパチュアを広めに保ったまま、音域をあげる。

レッスン中ではその感覚がつかみきれなかったものの、新たに購入した教本にいわく、
『トリルキーで発音できるミ、ファの感覚を参考に』
とのこと。
家で試してみると・・・低音ミ、ファの運指でトリルキーを押すと、確かに中音が出る。
そのままトリルキーを離すと、あら不思議。特に意識せずとも中音が出せる。
なるほどこの感覚なのね、と納得。


■勘違いその2:吹き込む息の強さ

息の速度を上げる=強く吹き込む、ではないということ。
音がゆがんでしまってよくない。
必要最低限の吹き込みで十分とのこと。


その辺注意しつつ吹いてみるも、現状どうしても中音に若干低音が混ざる。
多分アパチュアの形状が悪いのだろうけど、すぐには直せそうにないので、とりあえずトリルキーで音が出るポイントを目安に低音・中音を出す練習を続けてみよう。
スポンサーサイト
テーマ:楽器
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。