FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目下、フルートの発音で抱えている問題点は主に三つ。

1. 風きり音が大きい
2. 太い音が出ない
3. 中音域が安定しない(低音に化けがち)

個人レッスンで頂いたヒントを元に試行錯誤した結果、かなり改善できたように思います。
1. と 2. は「息が吹き口にきれいに入っていない」ことが原因なのは前から知っていたのですが、それの直し方がずっとわかりませんでした。

解法は、

a. 口と吹き口の距離を短くする(距離が長いと息がばらける)
b. 吹き口の当たる角度を調整する
c. 発音ポイントを狙って吹き込む
d. 唇を引くのではなく、気持ち突き出すような感じでアパチュアを形成する(ただし不自然に力を入れない)

どうも、唇が厚いせいか、標準の吹き口位置でやると上唇を被せるようにしないと音が出ず、それで変な癖がつきかけていました。
そこを改善すべく、吹き口を少し手前にねじりました。
加えて口を吹き口に極力寄せ、音の出る箇所をピンポイントで狙うようにしました。

すると、なんということでしょう。。
これまでの寝ぼけた音とは違う、力強い音が出るようになりました。
響きも全く違うし、こんな音が出せたのかとちょっと感激。

3. については、上記に加え、下唇を突き出すようなイメージで息の向きを変えるように心がけました。
まだ唇の筋肉がついてこないのか、アパチュアが安定しないもののだいぶましになった感じ。


これが正解かどうかは次回レッスンを受けるまでなんともですが、ようやくトンネルを抜けた気分です。
スポンサーサイト
テーマ:楽器
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。