FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通信回線がいまだ不安定なのと、一時的に仕事に忙殺されていたのとでWoWができず。

いまだ1面クリアさえできていないBullet Witchだけじゃ間が持たないなぁと、XBOX 360発売ソフト一覧を見ると、あの「天誅」が出てるじゃないですか。
「忍百選」とPSP版以外全部プレイしている身としては見過ごせません。

てことで、プレイしてみた感想など。

以下、だらだら列挙

■グラフィックが綺麗で処理落ち皆無
描画がシャープなのは当然ながら、スティックで画面をグリグリ回してもカクカクしないのはいいです。

■エディット可能な主人公
パターンは○ョンゲーなみに少ないですが、いじれるようになりました。
逆にキャラクター色はなくなりましたが、闇に生まれ、闇に消えるという忍び本来の姿を考えるとこれが正しいのかも。

■抜刀/収刀操作復活
天誅2では著しくゲーム性を損なっていましたが、今作では納得のいく形になっていると思います。

■気絶コマンドの新設
抜刀時は即忍殺ですが、素手状態だと羽交い絞めになり、ここから忍殺or気絶に持っていけます。羽交い絞め状態での移動も可能。
これを利用して連続忍殺に持ち込むのが最も高度な方法なのかな?

■障子越しの忍殺が可能に
抜刀している必要がありますが、障子に映る影をバッサリやれます。

■冗長なボス戦がほぼ無くなった
暗殺目標は全て忍殺可能です。ボス戦に敗れて苦労が水の泡、なんてことがほぼなくなりました。

と、この辺まではいいと思った点。
逆に悪いと思ったのは、

■ミッション&ステージの使い回しが多い
以前あった、「配置1?3」というのが無い代わりに、暗殺目標の名前が変わっただけなシナリオが多数存在します。
終盤、結構だれます。

■理不尽な突然死
洞窟の中で穴に落ちて死ぬのは、まぁわかりますが、屋敷の横に何の気なしに空けられている落し蓋にはまって即死するのは納得いかないです。かなり興ざめしました。

■拾えないアイテム
床下にもぐれるシステムのせいで、敵の落としたアイテムが床下にいってしまうと拾えません(もぐる方が優先されてしまう)。
ただまぁ、忍具はお金で随時買えるようになりましたので、大したことでも無いですが。

■忍殺モーションのキャンセル不可
「天誅 紅」ではキャンセルできたんですけどねぇ。それともやり方に気付いていないだけなのか。忍殺モーションのせいで発覚>逃走、ってのは格好悪すぎ。

■衣装バリエーションに魅力が無い
色々着せ替えできるようになったのですが、野暮ったいのばかりです。
いっそ時代考証とか一切無視して、はっちゃけてくれてもよかったような。


と、幾つか不満はありますが、面白いです。
難易度「易」ですが、一気に最終ステージまで来てしまいました。
これまでこのシリーズで楽しめた人にもモチロンですが、難易度がかなり抑えられていますので初めての人にもオススメできます。

XBOX Liveでの多人数プレイもできるようですので、一人用シナリオを一通り遊び尽くしたら試してみようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。