上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手元のMacbookへの導入メモ。
HDDを換装してクリーンインストールしてみました。
環境は、アルミユニボディ仕様のMacbookに、Leopard + Boot Camp (Windows XP) という構成です。

■ 事前の準備
・USB接続の外部HDDにTime Machineにてバックアップを作成(バックアップ元ドライブのボリュームラベルをメモしておく)

WinCloneにてBoot Campボリュームのバックアップを作成

■ ハードウェアの準備
・Western Digital製の500GB HDDに換装
→ #00の精密プラスドライバとT-6のトルクスドライバを使います。

■ Snow Leopardのインストール
1. 電源を入れ、インストールDVDを挿入後、「C」キーを押しながら起動(キーはリンゴマークが出たら離してOK)

2. 途中、ディスクユーティリティを起動してMacジャーナルフォーマットのパーティションを作成(※メモしたボリュームラベルで作成すること)
Boot Camp用のパーティショニングはしないで丸ごと確保しました。

3. インストール方法を選択するところで、バックアップを作成したHDDを接続し、Time Machineから復元するオプションを指定

後は手順に従うだけで完了。(ここまで1時間ほど)

■ Boot Campパーティションの復元
1. Boot Camp アシスタントを起動、Windowsパーティションの作成まですませて、アシスタントを終了(「ファイルが動かせない」的なエラーメッセージが出た場合は、一度PCを再起動してやり直す)

2. WinCloneを起動し、バックアップファイルからBoot Camp アシスタントで作成したパーティションへリストア実行(かなり時間をとられます、40GB分のリストアで2時間以上かかりました)

以上で、うまく復元できました。


で、とりあえず、現状気づいた不具合。

■ 動作しないソフト
iStatMenusが動かない
→ 現在、新機能を盛り込んだ対応版を準備中らしい
・Prallels Desktop for Mac
→ 再認証が必要らしい。パッケージどこに行ったかな;
・1Password
ベータ扱いのver.3が必要。
・ClamXav
・Buzan's iMindMap
スポンサーサイト
テーマ:Mac
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。