上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さておき、つかの間のShadowを満喫したところで、予定通りTalent変えました。

スポンサーサイト
目安としていたHeal+1400超えがようやく見えてきましたので、そろそろTalentを変えようかなーと考えていたところに、instanceのお誘いをいただきました。

行き先:Heroic Mechanar
構成:War, Pri, Pal(Holy) x2, Mag

…どうみてもDPS不足感が否めません。
じゃまぁついでだしーと。

CowTip

"Tooltip of awesomeness. Moo. It'll graze your pasture."

なんて書いてあるからなんだろうと思ったら、ツールチップの拡張でした。

SS撮るクセがまったくというくらい無い上に、アップするゆとりが無くて放置していた分を適当に。

Hunterを44/14/3にしてしばらくプレイしてみましたが、自分のスタイル(ヒール補助つきファーム活動メイン)ではこれで申し分ないです。
バランス良くなっていい感じです。ほんと言うことなし。

かつて時間切れで退散したBotanicaにリベンジ。

の、つもりだったんですが。

いつの間にやら70を迎えていたHunterですが、
結局、これ(41/20/0)から

RatingBuster

2.0パッチからでしたか、性能上昇率の表示がパーセンテージからRatingに変わりました。
このRatingを、従来のような%表示に置換した値を表示するツールです。

結果:
これすごくいいです。
%表示もわかりやすくていいのですが、現在装備中のものと比較した+?修正一覧が非常にわかりやすい。
EQCompareとか無くてもいいくらい。
どのステータスを表示するかの選択も可能です。
オススメ。
FuBar_CraftTimersFu
FuBar_TradeCDFu

元々、FuBar_SkillsPlusFuを使っていましたが、似た機能のほかのものも試してみることに。

結果:
・CraftTimersFu
→特定skillのCD時間表示に特化したような感じ。
これは私の求めるものと方向性が違う。

・TradeCDFu
→CraftTimersと似たようなコンセプトだが、そもそも表示からしてありえない値が出ていて(11dayとか)意味不明。

ということで、これまでどおりSkillsPlusFuで行きます。
ClassLoot

Boss Dropの品がどのクラスに適しているか、という情報をツールチップに追加するもの。

別にこれ入れなくても、Itemのstats見ればわかることなんじゃ…
てことで即削除。
WeaponRebuff

最近、特にRaidで武器にOil塗るのがほぼ必須になりつつあるのですが、Oilの塗りなおしをよく忘れるのでその防止目的で導入。

・Oil(と多分Poison系)を1クリックで塗布
・画面上のテキスト(位置任意)とFuBar上に残り効果時間を表示
・効果切れ間際&切れた瞬間に音声通知

といった機能があります。

音声通知がなかなかいいです。
標準で、なぜかMurlocのェァオルルルルァア声が指定されていて最初ビビリました(笑

てことで、採用。
CooldownCount

長らくOmniCCで通してきましたが、Ace2で同等のがあるのに気付いてお試し。

結果:
Good。見た目も他のAddOnの対応度も問題ないし、Flashもしっかり光る(ぇ

てことでOmniCCから乗り換え決定。
アーケードでブレイクしてる頃からこの方、全く興味が無かったんですが、XBOX版の発売前に見たサンプルムービー、relationsのサビが妙にツボりまして。
この曲をフルバージョンで聴きたい!
ただそれだけの理由で発売日に買ってしまい。

やっとこ、ようやく、

Recount

これまたダメージメータの一種。

数値的なうそ臭さはあまり感じられませんでしたが、一覧表に表示されないキャラクターとか居てその辺の挙動に疑問を感じたので、採用見送り。
FishingAce

単に右ダブルクリックで釣り糸をたらす、だけかと思いきや、Auto Loot設定の切り替えやBGMオフも自動で行ってくれることを知って導入。

結果、FishingBuddyから乗り換え決定。
VisualHeal

Heal spellをキャストする際、もしくはHealされる際に、回復量やOver heal量を表示するバーを出すツール。

HealingEstimator DWが長らく更新が止まっていたところにAce2で見つけたのでテスト。
HealingEstimator DWで表示できなかった、Petやグループ外プレイヤー、NPCへのキャスト時もきちんと表示できているようです。
ということで、乗り換え決定。
BunchOfBars説明

いわゆるUnit frame。
Healbot Continuedみたいな感じ。
縦にずらっと並ぶタイプです。
まだRaidでは試してませんが、Class別にソートされるのかな?

非常にすっきりしていて、見やすい印象です。
戦闘/非戦闘時でBuffアイコン等の表示が切り替わるのがさらにいい感じ。
DebuffやHoTも表示できますが、こちらは要カスタマイズなのが面倒でしょうか。
Clique導入しているせいか、click castも問題なし。

悪くないんですが、慣れて無いせいもあって操作感がいまひとつ。
とりあえず保留。
Omen説明

Threat管理ツール。
この手ではいわゆるKTMこと、KLH Threat Meterが定番ですが、Ace2で出ていたのでお試し。

結果:
しばらく使ってますが、まだなんともいえません。
Omenでの表示と、Aggro発生とがさほどシンクロしておらず。
KTMとの併用でもうしばらく様子見してみます。
Quartz説明

キャストバーの代替。
Player/Mirror/Target/Focus、とそれぞれ設定可能。
のみならず、Bufferのかかり具合等も表示できるなど、思いの他多機能。
Latencyによるスペル発動ラグもグラフィック表示されるため、/stopmacroを利用した時短キャストも行える。

まだちょっとしか使ってませんが、かなりいい感じです。
デザイン的にも満足。
採用。
Violation説明

DPS/HPS等を計測する、いわゆるダメージメーター。
Ace2産てことでお試し。

結果:
機能云々以前に、計測値がRecap, SWstatsといった定番ツールのそれとかけはなれている。
(Recapで530くらいの値なのが760と出ているとか)
コメントにも開発中のベータだから注意してねとあるので、当面見送り。
コツコツ作成していた、PMことPrimal Moonclothがたまってきましたので、PMセットを作るべく素材Farmへと重い腰を上げてみました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。